免疫特集7 「そうじ」で免疫アップ?

免疫の三大必須要素

  1. 睡眠
  2. 食事
  3. 程々な運動

の説明を終え、免疫を下げる生活

  1. テレビ
  2. ストレス
  3. 冷え

を説明してきました。
これまで特にテレビを強調してきましたが
その全てが悪い訳ではなく、
テレビの使い方を考えて下さいという意味で発信してきました。

これから3日間は、免疫を上げる生活

  1. そうじ
  2. 会話
  3. ストレッチ

です。

「そうじ」が免疫を高める

自粛要請とは関係なく、
免疫三必の程々な運動にもあたりつつ、
生活で最も免疫を高めてくれる活動が「そうじ」 と考えています。

そうじは皆さんどういう目的でされていますか?

様々なやり方があるでしょうが
免疫面で見たとき
そうじの大きな目的は
ホコリの総量を減らすことです。

掃除でホコリの総量を減らす

何故、冬場に風邪が増えるか、
加湿が大事かと考えてみましょう

ウィルスはホコリに付着して空気中に舞います。 

ウィルスは乾燥している程、
空気中では長く生きていられませんが、
家の中のホコリの数が多く、
乾燥している程、舞う量は増えます。  

湿度50~60 %が一番良いと、言われる理由がそこにあります。

そうじの目線をその、
家とお庭のチリまで含めてホコリの総量を減らす目線でやってみると、
実に沢山のそうじ場所が見つかります

普段しない場所の掃除が良い意外な理由

普段手の届かない高い所、
重たい物の隙間、網戸など

実はこういった、
「普段そうじをしない所をそうじする」
という動作がそのまま
普段動かさない筋肉を動かす
ことに繋がります。

免疫三必の免疫③程々な運動で、その重要性は説明してきました。

そうじをすることで、
家の空気や安心感は高まり、
程々な運動にもなる  

総じて睡眠効果も高まる

勿論、自分のからだのそうじ、
お風呂にしっかり浸かるも合わせて大事です。 
(東洋医学では肩甲骨を温めると風邪予防になります)

「ホコリの総量を減らす」 に
フォーカスしたそうじ、明日から心がけてみて下さい。

明日は免疫を上げる生活 

「会話」です。